Apr 20 • 8M

「パパ・ママ・ファシリ」で目指すこと(1)

なぜは良い問い。なぜと考える能力こそが、未来を切り開くと信じている

toiee Lab 亀田
Comment
Share
 
1.0×
0:00
-8:07
Open in playerListen on);
『ラーニング・ファシリテーションで子育てしよう!』を合言葉に、子供の自然な学ぶ力、探求する意欲、探求の力を伸ばし、子供と供に人間として成長する子育てを一緒に実践しませんか?
Episode details
Comments

※ toiee Kidsから「パパ・ママ・ファシリ」へ名前を変更しています

なぜと考える能力こそが、未来を切り開くと信じている

  • マイノリティーの方に役立つ知識かもしれない。

  • 小学校の教え方。かっちり、丁寧、やり方が決まっている

  • 探求の余地がない。オーバーティーチング

  • でも、「なぜ分数は通分するのだろう?」「なぜこの順番で割るのか?」など、「なぜ」に回答する教育にはなっていない

  • なぜが気になって立ち止まる。結果、ついていけなくなる

  • その結果、「自分は理解力が低い」「頭が悪い」というレッテルを貼ってしまう

  • でも、なぜは良い問い。なぜと考える能力こそが、未来を切り開くと信じている。

  • なぜを問うて、自分で考える力を身につける子を支援したい

  • そんな思いから、「パパママファシリ」をスタート

次のエピソードはこちら

パパ・ママ・ファシリ
toiee kidsで目指すこと(2)
Listen now (8 min) | スティーブジョブを例に考える 分かることと分からないことのラインを引くことが、わかるということ スティーブジョブの話 大学で授業を行う中で、がっかりした現実…
Read more